低GI食品

眠気のメカニズムとは?

眠気は日常につきものな人間の三大欲求うちの一つです。

 

しかし、その眠気について実は血糖値が関係している事をご存知でしょうか?

 

血糖値が上がった状態が続く事は、体内で血糖値を下げるための動きが正常に働いていない可能性があります。

 

つまりは体内のインシュリンが正常に働いておらず、血糖値が下がらないまま生活をしてしまっているということです。

 

この状態の時に発症する症状として眠気があります。

 

特に以下のような症状が続いている人は要注意になります。

 

  • 食後の2時〜3時頃によく眠くなる
  • きちんと寝ているはずなのに眠くなる
  • 日常生活が眠気に妨げられている

 

もちろん眠気がある事自体は健康的な人間にとって当たり前の事なので、寝不足など他の要因に心当たりがある場合は、まずそちらを解消してみてください。

高血糖による眠気を解消するには?

高血糖状態が続く事により眠気が発生する事があるという事はおわかり頂けたと思います。

 

では、高血糖状態による眠気を防ぐためにはどのようにしたらよいかというと、やはり低GI食品中心の生活を送ることをオススメします。

 

低GI食品のものを中心に食べる事がオススメですが、具体的には以下のような対策を打つことができます。

 

  • 3食規則正しい生活をおくる
  • チョコレートやスナック菓子などを摂取しない(基本的に高GIです)
  • 缶コーヒーや清涼飲料水を飲まない(カフェイン摂取や糖分摂取を抑制します)
  • ゆっくり食べる
  • よく噛んで食べる
  • 食事と一緒に摂取する水分の量を減らす
  • 食物繊維の多いものを食事の一番はじめにとるようにする

 

低GI食品を摂取していれば、自ずと上記のような生活になっていくと思いますが、合わせて糖分を抑えるという事を意識してみてください。

 

何気なく間食でお菓子を食べていたりすると一気に血糖値を上げる原因となります。

 

間食をする際は低GI食品のものやフルーツにするなど、意識して変えてみましょう。

関連ページ

清涼飲料水は身体によくない?
日常に根づいている清涼飲料水について情報をまとめています。どこでも買えてしまう清涼飲料水に含む罠について知り、対策していきましょう。

低GI食品を活用


トップページ 低GIについての知識 低GIと食事について 低GIと日常生活